イベント・観光紹介

重茂味まつり

 毎年8月の第一日曜日に開催される、重茂味まつり。当漁協が開催するイベントで海の幸を大盤振る舞いでご提供致します。この季節はうにの収穫シーズンで、まつりにもたくさんご用意してお待ちしております。また、本州最東端クルーズや焼きうに造り体験など、漁協のイベントならではの催しも開催しております。お食事・お土産の露天コーナーにも力を入れておりますので、どうぞおこし下さい。

  • 主催/重茂漁業協同組合
  • お問い合わせ先/岩手県宮古市重茂1-37-1 TEL.0193-68-2211
  • 協賛/宮古市、生活クラブ生協
  • アクセス/国道45号線稲荷橋交差点(津軽石)から重茂方面へ車で約20分
魹ヶ崎(とどがさき)

 東経142度04分の『本州最東端の地』重茂半島魹ヶ崎には、明治35(1902)年3月に建てられた魹ヶ埼灯台があります。現在の灯台は、太平洋戦争終戦間際に被災した後、昭和25(1950)年6月に復旧されたもので、高さが33.72メートルあります。魹ヶ崎から望む太平洋は、水平線が弧を描き地球が丸いことが実感できます。また、本州で一番早く朝日が昇ることでも知られています。

  • 宮古駅から姉吉キャンプ場まで車で約50分
  • キャンプ場から徒歩約70分
  • 魹ヶ埼灯台 高さ33.72m
月山展望台

 重茂半島北側にある標高455.9mの山。別名御殿山。山頂からの眺めが素晴らしく、宮古湾、浄土ヶ浜、日出島、閉伊崎に向かっての海岸段丘、太平洋などが一望できる。

  • 宮古駅から車で約50分
十二神自然観察教育林(じゅうにじんしぜんかんさつきょういくりん)

 標高731m、重茂半島最高峰である十二神山の東斜面一帯は、ブナ、スズタケの群落、樹齢150 年を超える巨木も多く、太平洋沿岸に残る最も自然度の高い森林である。

  • 宮古駅から車で約70分
黒崎神社例祭

 6月の第二日曜日には黒崎神社の例祭。大漁旗がはためく浜のお祭です。

ページの先頭に戻る